Googleスプレッドシート

ゲーム開発ツール記事ってカテゴリー、使い道あるのかな、なんて思いつつ作ったので書きます。

記念すべき最初は「Googleスプレッドシート」を紹介。

既にリネレボの記事で使ってます、サンプルはこちらから見てください。

超簡単に言うとオンライン型excelです。

スプレッドシートってそもそも何か、ゲーム開発においてどういった利点があるのか、という2点を簡単にまとめます。

スプレッドシートってそもそも何か

Googleスプレッドシートとは、検索で有名なグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。

できることもExcelと似ています。たとえば、Excelと同じように関数や式を使って数値を自動的に計算したり、グラフを作成したりできます。もちろん、請求書や名簿などを作成して印刷することもできます。

また、Excelとのある程度の互換性も持っています。たとえば、簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。

自分の言葉よりも適切にまとめてくれてるサイトから引用した方が伝わるということに気付き引用。

ただ1点だけ自分の言葉で伝えたいメリットとしては「オンライン上で編集できること」

エクセルはあくまでファイルなので、受け渡ししなければ共有できませんが、Googleスプレッドシートはオンラインで同期して一緒にその資料を編集しながら共有できます。

具体的には取引先の人と資料を一緒に見ながらスカイプで通話して、その場で資料を精度高いものにしていけたりします。

また、エクセルしか出来ないことが特にない(あくまで使用上の観点)ので、特に有料のエクセルを使う理由もないんですよね。

ゲーム開発においてどういった利点があるのか

エクセルでの開発、スプレッドシートでの開発を経て思ったことはID事故が解決されたことですかね。

例えばソーシャルゲームを例に出すと、ID1=無料ガチャ ID2=課金ガチャA ID3=課金ガチャB みたいな、どのIDにどういった役割を持たせるかの定義を決める様なケースがあります。

これをエクセルでやる=オンライン作業では無い、という中でやると、2人以上でこういう作業をすると、ID1=チュートリアルガチャ ID2=無料ガチャ、ID3=課金ガチャA みたいな感じでズレるケースが多々ありました。

エクセルも別のツール(※SVNなど)を使って同一フォルダをネット上で共同管理することはできますが、一旦ロックを取得してアップし直すという、半疑似同期しか出来ないためブッキングは避けられません

ゲーム開発規模が大きくなればなるほど編集者も増える傾向にあるので、こういった事故ケースを防げるスプレッドシートは非常に便利です。

ただ、エクセルも便利なシーンはあって、それは1シートが膨大なデータ量になる時です。

スプレッドシートでも出来なくは無いのですが、オンライン編集のデメリットか大規模なデータを扱うのにはやや不向きで、一部データだけはエクセルで作るようにしたりもしています。

まとめ

Googleスプレッドシート

メリット:共同編集可能、無料

デメリット:大きいファイルには向いていない

エクセル

メリット:大きいファイルに向いてる

デメリット:共同編集できない、有料

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

気に入ったらシェアしてね!

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告